就活に必要な能力を磨こう

就活に役立ちそうなアルバイトがあれば、学生のうちに経験しておきたいと思う人が多いのではないだろうか。ライバルたちをけん制して自分をアピールするためには、できることは何でもやっておきたいという意気込むのは学生なら当然のことである。しかし、志望する企業に入ってから求められるスキルを身につけておきたいというのは、アナウンサーを始めとするいくつかの特殊な職業を除けば、いささか時期尚早といえるだろう。まずは、一度に大勢の学生と企業が集まる説明会で成果を上げることを目標にしたいところである。大きな会場では、ライバルの多さと企業担当者の目があるために、積極的に活動できないままに終了してしまう学生も少なくない。このような場所で成果が上げられないとなると、厳しい就職戦線に勝ち残ることは難しいだろう。就活には、度胸と熱意は欠かせないものである。物おじせずにせずに行動を起こせることが重要視されるのである。すなわち、就活に役立ちそうなバイトがしたいとなると、度胸が試される仕事を体験しておくと良いだろう。たとえば、準備から売上までの責任を一手に引き受ける実演販売の仕事や、一人ひとりが責任をもって応対しなければならないコールセンターの仕事などがその一例である。できれば就職イベントが増える大学1回生もしくは2回生までに経験しておこう。活動が活発化する3回生になるころには、今までにはなかった自信が身についていることだろう。責任を全うできる人は、優秀な人材として一目置かれるものだ。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です