将来のビジョンとは

就職活動は、社会人として働く登竜門であり、エントリーシートや面接といったいくつかの過程を経て、内定を勝ち取るというプロセスが多い。就活のキーポイントといえるエントリーシートや面接で、学生時代のアルバイト経験から得た能力や強みを役立てることができるのだ。アルバイトの中でも、就活で役立てるアルバイトがある。例えば、ホテルやブライダル、航空業界といったサービス業を志望する人はカフェやレストランなど接客のアルバイトから得た経験を大きく生かすことができるといえよう。アルバイトの中で培った丁寧な言葉遣いや所作、おもてなしをする心など一人一人のアルバイト経験を存分に発揮し、就活に役立てることができる。そこで得た能力や体験を就職先の仕事でどのように生かせるか、自身の強みと仕事内容を一致させてエントリーシートや面接に臨むことで企業側から好印象を持たれる傾向が高まるのである。また、教員志望であれば塾講師としてのアルバイト体験が役立ち、生かすことができる。アルバイト時に感じた生徒に教える難しさや楽しさ、教師としてのやりがいをより鮮明にイメージすることができるため、就職した後の自身の描くビジョンを具体的に採用側に伝えることができるのだ。採用側も、夢や理想だけで志望する学生より、仕事として教師を経験している方が採用に前向きになる傾向が高い。このように、職種によって就職活動で役に立つアルバイト経験は様々であるが、経験から得た内容は確実に内定への道に役立てることができる。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です