面接官へのアピールポイント

就活を行う側の学生が懸命に企業へのアプローチを進める一方で、それを迎え撃つ企業側も優秀な人材を獲得するため真剣勝負の場になっている。企業にとっても、激しい企業間競争に生き残るため人材の確保は最重要課題といえるだろう。変化する社会情勢に対応しながら、企業活動を進めるため、それに適した人材確保の手段として就職活動を積極的に受け入れているというのが現状だ。一般的に学生側の応募に対して、出来るだけ門戸を拡げながらも、各企業の設定基準に満たない学生はどんどん切り落とされていく。そして、面接に漕ぎ付けた段階で本当の勝負になる。面接官側は、すでに豊富な経験を有していることから、どのようなタイプの学生を採用すればいいかを経験則から把握しているといえる。したがって、学生側は面接時にどのような受け答えをするかによって、ふるいにかけられることになる。最近は就活セミナーといった民間の支援もあり、簡単に面接指導を受けることが可能だ。しかし、どのように体裁を整えても、本質を厳しくえぐってくるのが海千山千の面接官だともいえる。付け焼刃ではなく、採用担当の面接官に、こんな人材が欲しいと思われるようになることが根本的な解決の道といえるだろう。そのための一つに社会活動がある。ボランティアやアルバイトが最も一般的といえる。とりわけ、アルバイトは多くの学生が経験しているはずだ。その際、どれだけ汗をかいて仕事に励んだかという経験を持つことが重要だ。ここでも付け焼刃ではなく、実体験で覚えた苦労や知識などをアピールすると良い。アルバイトの経験は、まさに就職活動にはプラスになるだろう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です